スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青い文学シリーズ まとめ 

青い文学シリーズ まとめ

【あらすじ】
本作は、太宰治の「人間失格」と「走れメロス」、坂口安吾の「桜の森の満開の下」、夏目漱石の「こころ」、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」、「地獄変」の6作品からなる全12話のTVアニメ。
企画の発端は、2007年6月に集英社文庫の「夏の一冊 ナツイチフェア」企画として週刊少年ジャンプで連載する漫画家が、名作の表紙を新たに描きおろしたこと、さらに太宰治生誕100周年という節目の年であるということから始まった。それぞれ、「人間失格」と「こころ」を小畑健、「桜の森の満開の下」「蜘蛛の糸」「地獄変」を久保帯人、「走れメロス」を許斐剛がカバーイラストを担当。アニメ化にあたり、カバーイラストを担当した漫画家が、キャラクター原案も担当し、それぞれの作品は、オムニバス形式として制作され、それぞれの作品にストーリー上の繋がりは無い。
(ウィキペディアより)

第1話 「人間失格/鎌倉心中」


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://muryouanimehight.blog6.fc2.com/tb.php/700-4d1b9bda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。